So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「ただ乗り」させぬ仕組みを 大阪市生活保護外国人1万人突破(産経新聞)

 生活保護受給世帯が全国最多の大阪市で、外国人の受給者が初めて1万人を突破したことが13日、市への取材で分かった。10年前の2.2倍で、市内の外国人登録者の12人に1人の割合。最も多い在日韓国・朝鮮人で国民年金に加入していない「無年金世代」が高齢化したことが理由とみられる。

 無年金者が年老いることで年々増加している外国人の生活保護受給者。きちんと保険料を納めてきた年金受給者との支給額の逆転現象というモラルハザード(倫理の欠如)も問題化している。

 学習院大の鈴木亘教授(社会保障論)は「眼前の困窮者は救済せざるを得ないが、日本にも本国にも保険料を払っていないのは問題」と指摘。「確信犯的に年金に加入しなかったケースは、一義的には本人の責任だ」とみている。

 一方、将来的な無年金者の増加を見越して制度を整備してこなかった国の怠慢ぶりも浮かぶ。鈴木氏は「問題解決には、2国間で年金の加入期間を相互に通算できる社会保障協定を早急に各国と結ぶしかない」と指摘。韓国との間では2004年に締結し、ブラジルとは09年から協議中だが「対応が後手に回り過ぎている」と批判する。

 「これ以上、安易に生活保護に『ただ乗り』させてはならない。保険料を払っていない人は強制的に帰国させるぐらいの仕組みが必要だ」と鈴木氏。「早く手を打たないと、外国人労働者らが集中する都市部で将来、大問題に発展する恐れがある」と警鐘を鳴らしている。

【関連記事】
生活保護費で使途不明金 高槻市
「保護費から月100万円集金」 NPO元代表、最盛期に受給者50人から
生活保護費を詐取容疑 暴力団組員ら逮捕 福岡・糸島
元代表、NPO解散後も保護費ピンハネ 生活保護費詐取事件
生活困窮者を先手“囲い込み”大阪の4市「囲い屋」撃退へホテルと提携
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

屋久島の登山道が復旧=1月のがけ崩れで通行止め―鹿児島(時事通信)
民主党 政調「衣替え」着手 政府と党の共催案など浮上(毎日新聞)
首相提案の財政健全化会議、谷垣・山口氏が拒否(読売新聞)
<国会>会期延長せず、16日閉会へ 民主国対委員長が通告(毎日新聞)
菅−亀井会談 郵政法案「成立期す」を確認(産経新聞)



ガス田条約、早期交渉 月内にも局長級会合 日中首脳が合意(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は31日、中国の温家宝首相と首相官邸で会談し、東シナ海ガス田共同開発問題について早期の条約締結交渉入りで合意した。今月にも局長級会合を開く方向で調整している。また、中国海軍の艦載ヘリが海上自衛隊艦艇に近接飛行した問題などを踏まえ、海洋上での不測の事態を避けるため、海上危機管理メカニズムの構築を進めることで一致した。

 ガス田開発をめぐり、日中両政府は平成20年6月、共同開発する方針で合意していたが、その後中国側が合意を具体化させるための条約締結交渉に難色を示し、2年近く協議に入れない状態だった。今回の会談で、温首相は20年の日中合意に触れ、「実現を目指したい」と述べたという。

 一方、鳩山首相は、日本近海での中国海軍の活動活発化に対し、「最近の中国の活動は懸念を惹起(じゃっき)させるものだ。二度とこういうことが起きないよう求める」と再発防止を求めた。温首相はこれに直接答えなかったが、「首脳間で重要な問題について電話ですぐにでも話し合うホットラインを構築したい」と述べ、海上危機管理メカニズムの早期構築を提案したという。

 また、韓国の哨戒艦撃沈事件について、鳩山首相は「国際ルールにのっとって北朝鮮が厳しく非難されるべきだ」と国連安全保障理事会への提起を支持する考えを強調。中国側にも同調を求めたが、温首相は慎重な対応を示した。

 両首脳は人的交流の拡大でも一致。温首相は日本のメディア関係者らを今後5年で500人、中国に招待する考えを表明した。

 一方、会談後、両政府は、中国製冷凍ギョーザ中毒事件を受け、相手国の食品関連施設への相互立ち入り検査容認を明記した「食品安全推進イニシアチブに関する覚書」を取り交わした。 

職質のコツを伝授、若手育成の現場=同行ルポ(読売新聞)
「首相の進退、判断必要」民主参院幹部(読売新聞)
小惑星へ2度の“着陸”(産経新聞)
逃走中? 電車にはねられ死亡=男性が踏切立ち入る―東京・八王子(時事通信)
<民主党>党内から鳩山首相に早期退陣を求める声強まる (毎日新聞)



「まるで時代劇の立ち回り」 加藤被告の「黒いもの」と警棒かち合う(産経新聞)

【法定ライブ 秋葉原殺傷 第9回公判】(2)

 《17人殺傷の現場となった東京・秋葉原の外神田3丁目交差点近くの勤務先から、事件を目撃したという男性が証言を続ける。騒ぎに気づいた証人が外へ飛び出したところ、加藤智大(ともひろ)被告(27)は交差点付近にいた男女に次々とパンチをするような素振りをして走り去った。男女はひざから崩れ落ちていったという》

 《加藤被告の後を追った証人が見たのは、路地裏で警察官と対峙(たいじ)する被告の姿だった。男性検察官が、このときの様子について詳しく尋ねた》

 検察官「そこで、男は何をしていましたか」

 証人「警察官と向かい合っていました」

 《証人は検察官に促され、警察官が立っていた位置を地図に赤字で書き込んだ》

 検察官「警察官は何をしていましたか」

 証人「警棒を出して、男を制止しようとするしぐさをしていました」

 検察官「男はどうしていましたか」

 証人「立ち向かうような感じでした」

 検察官「男は右手の黒いものを持って、何かしていましたか」

 《証人は加藤被告を後ろから追いかけた際に、右手に黒いものを握っていたのを目撃している》

 証人「(警察官と加藤被告が)2人でパチンパチンと…。時代劇でいう立ち回りのようなことをしていました」

 《証人は、加藤被告が手に持っていた黒いものと、警察官の警棒が当たる音をこう表現した》

 検察官「男は黒いものを振り回していたということですか」

 証人「はい」

 検察官「その後、警察官はどうしましたか」

 証人「男の人がなかなか抵抗をやめなかったので、警棒を置いて拳銃(けんじゅう)を抜きました」

 検察官「それを見てどう思いましたか」

 証人「正直、これで終わったなと思いました」

 検察官「『終わった』というのは、(男が)逮捕されるということですか」

 証人「はい」

 検察官「その後はどうなりましたか」

 証人「(勤務先の)ビルに戻りました」

 検察官「この事件に関係している車は見ていますか」

 証人「見ました」

 《車とは、加藤被告が交差点に突っ込んだ際に乗っていたトラックだ。証人は勤務先に戻る際に目撃したという》

 検察官「どのような様子でしたか」

 証人「運転席側のドアが開いていて、フロントガラスはクモの巣状になり、バンパーはずれていました」

 《加藤被告はトラックで複数の人をはねており、破損した車が衝撃の大きさを物語っている》

 検察官「その後、交差点でどのような様子を見ましたか」

 証人「いろいろな人が介抱されているのを見ました」

 《加藤被告にパンチをされたように見えた男性警察官や女性は交差点内で倒れたままの状態で、証人は「いずれも自分の力で立てなくなっていた」と証言した》

 検察官「こうした様子を見てどのように思いましたか」

 証人「とんでもないことが起きた、これはただごとじゃないと思いました」

 検察官「現場に血は流れていましたか」

 証人「血が道路にびっしり流れているのを…」

 《悲惨な光景を思いだしたのか、証人の言葉が最後まで続かない。検察官が別の質問を投げかけた》

 検察官「交差点以外で倒れている人はいましたか」

 証人「1人だけ見ました」

 検察官「男性でしたか、女性でしたか」

 証人「男性です」

 検察官「どんな様子でしたか」

 証人「身動きを一切していませんでした。周りの方が心臓マッサージなど、いろいろされていました」

 《この後、検察官は現場の写真などを証人に見せ、被害者が倒れていた位置などを確認し、証人自身が事件で受けた“傷”についても尋ねた》

 検察官「こうした状況を目撃し、事件後、あなたへの悪影響はありましたか」

 証人「食事、睡眠など…。なかなか寝付けない日々が…」

 検察官「最も衝撃的だったのは、どの場面ですか」

 証人「道路についた血を見た瞬間が焼き付いています」

 検察官「仕事面への悪影響はありましたか」

 証人「事件後、1〜2カ月は秋葉原に来る方が少なくなり、(勤務先の)売り上げも激減しました」

 《最後に検察官から「裁判官や被告人に言いたいことは?」と質問されると、証人ははっきりとした口調でこう述べた》

 証人「裁判官の方たちには、法に基づいて極刑にしていただきたい」

 《さらに、横の長いすに座った加藤被告の方へ顔を向け、続けた》

 証人「被告にはきちんと遺族や関係者に説明責任を果たしてほしい。そして、あなたが帰ってくる場所はもうないですから。きちんと反省してください」

 《当の加藤被告は、手元に視線を落としたままで、表情に変化はない》

 《男性検察官の尋問が終了した。続いて女性弁護人が質問に立った。証人に、事件当時の様子を改めて確認する》

 弁護人「男が警察官や女性にパンチを繰り出したように見えたというのは、走りながらですか」

 証人「はい。走りながら、こう、下から突き上げるように…」

 《証人は右のこぶしを上下させ、当時の様子を説明した》

 弁護人「男は手に何か持っていましたか」

 証人「そこは確認していません」

 弁護人「男は移動する間、ずっと走っていたのですか」

 証人「はい」

 弁護人「どんな様子で走っていましたか」

 証人「もう、全力疾走でした」

 弁護人「警察官と対峙しているとき、警棒と男が手に持っているものは何回ぐらいぶつかっていますか」

 証人「3回ぐらいです。カチンカチンカチンと。時代劇の立ち回りみたいに…」

 弁護人「男と警察官が向かい合っていたのはどのくらいの時間でしたか。かなり長い時間でしたか」

 証人「その時はそう思いました」

 =(3)に続く

【関連記事】
(1)「突き上げるように次々パンチ」…目撃男性が証言 秋葉原殺傷第9回公判ライブ
秋葉原無差別殺傷 きょう第9回公判 被告取り押さえた警察官が証言
選択したのは自分自身 昨今の派遣の報道は不思議です。
ブームが去った今こそ…「メイド喫茶」を語る
(5)検察官も「AKB」 右腕に傷跡「見せてもらえますか」 秋葉原殺傷第7回公判ライブ

1歳の孫の首を絞めた疑い 殺人未遂の現行犯で48歳女を逮捕 東京(産経新聞)
鳩山首相、23日沖縄再訪=普天間移設方針説明へ(時事通信)
求ム「海の女」 海保、採用増に本腰 片手懸垂テスト廃止/OGを再雇用(産経新聞)
口蹄疫 最上級種牛を殺処分 ワクチン接種開始(産経新聞)
<国家公務員>改革全体像は先送り…採用4割減(毎日新聞)



心電図送信機のチャンネル番号入力間違えで医療事故(医療介護CBニュース)

 心電図の送信機のチャンネル番号を間違えて入力したため、別の患者の心電図を見て患者に治療・処置を行った事例が2006年1月から10年3月末までに5件報告されていることが、日本医療機能評価機構のまとめで分かった。

 同機構が5月17日に公表した「医療安全情報(2010年5月)」によると、あるケースでは、看護師が患者Aの心電図モニタを表示するためにセントラルモニタを設定する際、送信機のチャンネル番号を間違えて入力。入力した番号は、患者Bのものだったため、セントラルモニタの患者Aの心電図が表示されるべき場所に患者Bの心電図が表示され、これに心室性不整脈が認められたため、患者Aに治療が行われたという。

 この事例が発生した医療機関では現在、▽受信している心電図のチャンネル番号が患者に装着されている送信機と合っているかを確認▽セントラルモニタの設定手順を確立―の取り組みを実施している。

 同機構では、無線の医療機器を使用する際は、院内にチャンネルを管理する人を配置するなど、責任体制を明確にするよう注意を促している。


【関連記事】
AED8万5000台を自主改修―日本光電工業
昨年の医療事故報告、過去最多―医療機能評価機構
医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」
病院機能評価の医療への影響で初の調査結果
医療事故調の早期設立訴えシンポ−医療過誤原告の会

橋下知事 普天間問題で「要請あれば、関西で受け入れ検討」(産経新聞)
増える鬱病に現場は混乱 身近になった一方で自己判断での思いこみも(産経新聞)
猫虐待で25歳男書類送検=里親サイトで入手「うるさい」―愛知県警(時事通信)
大阪維新の会、同数で最大会派に 自民ベテラン府議が離団(産経新聞)
水道事業海外展開 都、国と協力で一致 3大メジャーに対抗へ(産経新聞)



同居女性の男児暴行=傷害容疑で25歳男逮捕−三重(時事通信)

 三重県鈴鹿市のアパートで同居女性の男児(6)に暴行したとして、県警鈴鹿署は22日、傷害容疑で鈴鹿市算所、無職小島正嗣容疑者(25)を逮捕した。同署によると、小島容疑者は「厳しくしつけるために、手を出してしまった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は21日午前7時ごろ、鈴鹿市算所のアパートの女性(34)宅で、女性の小学1年の次男を殴ったり突き飛ばしたりし、脳内出血などのけがを負わせた疑い。
 同署によると、長女が22日朝に「弟が母の同居人に前日殴られた」と110番した。鈴鹿署員が駆け付けると、次男が布団の中でぐったりしていた。 

【関連ニュース
9カ月乳児、壁に投げ付け=傷害容疑で父逮捕
共同通信次長を逮捕=酔って駅員に傷害容疑
5カ月長女に暴行、骨折=育児疲れ、22歳母逮捕
傷害容疑で会社員逮捕=父けられ入院、死亡
「やり過ぎれば死ぬ」と供述=1歳男児変死、傷害致死で捜査

<都営バス>乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立(毎日新聞)
小沢幹事長、徳之島移設案に「干渉しない」(読売新聞)
犯罪被害者支援の施策「被害前から知っていた」1割未満(産経新聞)
「紹介された女の子は質高い」 路上スカウト…雇用 容疑で風俗店経営者ら初摘発(産経新聞)
鳩山政権打倒を確認=麻生、平沼氏ら(時事通信)



首長新党、18日に結成会見(産経新聞)

 山田宏東京杉並区長、中田宏前横浜市長らが18日、都内で新党結成の記者会見を開くことが15日、明らかになった。記者会見では党名や綱領、基本政策を発表するほか、夏の参院選への候補者擁立を表明する。

 新党の政策は行財政改革による財政再建▽社会福祉目的税導入と法人税などの引き下げによる税の直間比率是正▽日本の歴史・伝統・文化の継承などを打ち出す見通しだ。

主力製品ネスプの適応追加を発表―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)
舛添氏はがん細胞!自民党内から批判噴出(スポーツ報知)
また年取っちゃった「たちあがれ日本」70歳・戸塚氏入党(スポーツ報知)
時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定(産経新聞)
レトロビル 華麗なる変身 築半世紀、「ホステル」に改修(産経新聞)



貸倉庫殺人 不明男女3人を愛知県内で捜索 長野県警(毎日新聞)

 長野県警は14日、3月下旬から行方が分からなくなっていた長野市内の男女3人が事件に巻き込まれ、殺害されて遺体が埋められた可能性があるとして、愛知県西尾市内に捜査員を派遣し、死体遺棄容疑で捜索を始めた。10日には3人の知人で沖縄県出身の男性が、長野市内の貸倉庫で殺害された遺体で発見される事件があり、長野県警捜査本部は不明の3人との関連を調べている。

 捜査関係者によると、行方不明になっているのは長野市の会社経営の男性(62)と、30代の息子とその妻の3人。3月下旬、県警長野南署に「行方が分からなくなった」と親族から捜索願が出されていた。

 一方、長野市若宮の貸倉庫で8日に「異臭がする」と通報があり、県警の捜査員が9日に倉庫内で放置されていた白い乗用車を押収。10日になって、車内から沖縄県浦添市出身、宮城浩法さん(37)の遺体を発見した。

 貸倉庫の借り主は行方不明になっている62歳男性で、県警は、男性が経営している会社の関係者ら4人から事情を聴く中で、西尾市南奥田町の河口近くにある資材置き場の敷地に、不明の3人が埋められたとの情報を把握。14日午後から捜索を開始した。宮城さんと3人の関係や両事件の関連について、関係者4人からさらに事情を聴いている。

 県警によると、宮城さんの死因は頭を殴られたことによる頭蓋(ずがい)内損傷で、死後数カ月以上が経過。県警は殺人・死体遺棄事件と断定し、11日に長野中央署に捜査本部を設置していた。【大島英吾、小田中大、渡辺諒】

 ◇民家まで1キロの暗い資材置き場

 捜索現場は川沿いの資材置き場で、周辺に水田や畑が広がる地域。民家のある場所までは1キロほど離れている。遺体が埋められたとみられる場所の周囲には青いビニールシートが張られ、長野県警の捜査員がスコップを手に中に入った。街灯がないため夜になると周辺は真っ暗になり、投光器で現場を照らした。

 現場近くを車で通りかかった西尾市の男性会社員(26)は「長野の事件なのになぜ西尾なのかと、びっくりしている」と話した。また、建築業の男性(64)は「いつも通る静かな場所で事件があるとは」と不安そうな表情をみせた。現場近くの海は釣りスポットになっていて、夜釣りをする人もいるという。【佐野裕】

【関連ニュース】
遺体発見:車の中に身元不明の男性 死体遺棄で捜査 長野
長野の貸倉庫男性殺害:交友関係など捜査
金沢女性遺棄:遺体は行方不明の30代韓国人女性か
長野の貸倉庫男性殺害:交友関係など捜査 /長野
行方不明:小学生の兄弟−−兵庫・宝塚

無担保で1500万円貸し付け=法務省所管法人、理事長に−報酬も同時期倍増・東京(時事通信)
<首長新党>松沢神奈川県知事が評価(毎日新聞)
アリタリア航空が再開=南回りルート、外国人客で満席−成田空港(時事通信)
「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)
寛仁さま、トルコへ(時事通信)



平沼氏ら、10日に新党結成=自主憲法制定など基本政策で合意(時事通信)

 無所属の平沼赳夫元経済産業相、自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相ら新党「たちあがれ日本」結成に参加する国会議員5人が8日午後、都内の平沼氏の事務所で、10日の旗揚げに向けて最終調整した。基本政策として(1)自主憲法制定を目指す(2)日本郵政は全国一律サービスとする(3)消費税を引き上げ、福祉目的税化する−ことなどで合意した。また、10日午後に都内のホテルで結党会見を開き、両氏を含む5人で旗揚げすることを確認した。
 会合には、平沼、与謝野両氏のほか、自民党に離党届を提出済みの園田博之前幹事長代理、藤井孝男元運輸相、中川義雄参院議員の計5人が出席。石原慎太郎東京都知事も加わった。 

【関連ニュース
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<アフガニスタン>不明の常岡さん グルジア取材でも拘束(毎日新聞)
山中に犬100匹の死骸遺棄 服着たまま、大半ペットか 埼玉(産経新聞)
片町線遅れ3万2000人影響(産経新聞)
<内職商法詐欺>5容疑者を再逮捕…千葉県警など(毎日新聞)
子供の車内置き去り 米では犯罪、逮捕も(産経新聞)



衆院議員擁立「大いに疑問」=参院京都の候補者選定で−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は2日の閣議後記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長が夏の参院選京都選挙区の2人目の候補者として、同党の河上満栄衆院議員(比例近畿ブロック)の擁立を決めたことについて「衆院議員を辞めさせて出すことに大変驚いた。国民の理解が得られるのか大いに疑問を持っている」と述べ、不快感を示した。
 前原氏は衆院京都2区選出。参院京都選挙区をめぐっては、府連が現職の福山哲郎外務副大臣に加え、同党衆院議員の女性秘書の擁立を決めたが、小沢氏が難色を示し、党本部主導で差し替えた。 

【関連ニュース
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

派遣法改正案、民主が参院先議を撤回=衆院に出し直し、43年ぶりの異例(時事通信)
シー・シェパード元船長 傷害罪でも立件へ 東京地検(産経新聞)
京大発ベンチャー 電気自動車生産へ(産経新聞)
<TBSホールディングス>役員報酬をカット(毎日新聞)
パチスロ「エヴァ」開発会社起訴=1億円余脱税−横浜地検(時事通信)



<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)

 愛知病院事業庁は29日、県がんセンターの中央病院と研究所の職員らが03〜07年度に80回にわたり、国から交付された公的研究費1650万円分を不正に経理処理していたと発表した。OB10人を含む関与した24人が国に全額返納する。同庁は、不正総額が100万円を超えた2人を懲戒処分の対象とし、同日付で研究所長(62)を減給1カ月(10%)、中央病院の男性医師(54)を戒告とした。他の現役職員12人は訓戒などとし、二村雄次・病院事業庁長も管理責任を取って給与の10%を自主返納する。

 公的研究費は、国に提案のあった研究に対し、文部科学省と厚生労働省が交付する。同センターには毎年約3億円が交付されるが、08年11月に職員による研究費約1000万円の不正処理が発覚したため、03〜07年度の研究費を調査するよう国から求められていた。

 病院事業庁が設けた第三者機関の調査で、▽年度末に残った研究費を使い切ったように架空計上する「預け」が18件765万6453円▽実際とは異なる物品を買ったように装う「差し替え」が44件759万3865円−−などの不正が見つかった。同庁は、「公的研究費は研究者個人やグループに直接振り込まれ、チェック体制が未整備だった。私的流用はなく、研究課題に沿って使われた」と説明している。【丸山進】

足利事件再審 裁判長の謝罪全文(産経新聞)
里見女流名人CMデビュー!人気将棋漫画のCMで(スポーツ報知)
「いいものある」と中学生に大麻=35歳男を逮捕−神奈川県警(時事通信)
米国製「抱っこひも」、窒息死事故受け回収 福岡の輸入会社(産経新聞)
<風力発電>施設近くの住宅内で低周波音 初の調査で確認(毎日新聞)



前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。